東野圭吾さんの本

私は東野圭吾さんの小説が大好きです。

初めて東野さんの小説を読んだのは大学生の頃です。こんなにも読みやすいサスペンス小説があるのかとビックリした記憶があります。

続きが気になってなかなか手を止められず寝れないほど。描写がとても細かくて登場人物や情景がイメージできて作品の中に入っていきやすく、他の作品も読んでみたくなりました。そしてそれからどんどん東野さんの小説を収集していき今では70冊ほどに。ほぼ全ての作品を読んでもハズレというのがほとんどなくいつも面白いなと思って読める作品ばかりです。

小説を一切読まなかった妹に無理矢理読ませたのですが、妹もハマってしまい今ではいつも私の本棚から東野さんの作品を読み漁っているほどです(笑)白漢しろ彩